先般、クラトロさん主催「女性と秒速で仲良くなるための本質を語るセミナー」を受講してきましたので報告します。


セミナータイトル:女性と秒速で仲良くなるための本質を語るセミナー

日時:2014年11月15日(土曜日)15時30分~17時30分

主催:クラトロさん

場所:大阪梅田

受講者数:24名(全員男性)

受講費:6,000円

関連URL:
http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/20141110/1415617716





Ⅰ.受講の動機
クラトロさんを生で見たかったから。

御存じかもしれないがクラトロさんといえばナンパ師界隈ではかなり有名な凄腕ナンパ師であり、
オレがナンパブログをはじめるだいぶ前からブログを運営しており、かなり愛読していた。

独特の文体と世界をまたにかけるナンパ師ということもあり、
他のナンパブログと比べて異質を放っている。

関東のナンパ師であり、一年のほとんどを海外で過ごすという彼に大阪で会えるのはまたとない機会であろうと思い、
受講することにした。




Ⅱ.セミナー内容
(1)女性と最短で仲良くなる基本を押さえる
(2)女性に足切りされないために必要なこと
(3)汎用性の高いトーク実例集
(4)有効的な自己開示トーク
(5)クロージングとディス/ネグ
(6)アポで主導権を握る
(7)海外ナンパにおける基本

事前に上記のようなアジェンダで進行すると告知があったが一つ一つ独立した話題ではなく、
女性との出会いからセックスまでの流れに沿って順番にポイントを解説してくれたととらえるとわかりやすい。



(準備編)
まず初めに、セミナータイトルの通り、
女性と出会って秒速で仲良くなり、そしてセックスにいたるためには”本質”が重要である。

女性と出会って秒速で仲良くなり、そしてセックスにいたるための”武器”は大きく2つに分けられる。
一つは”テクニカル”、もう一つが”ベース”である。

さらに、”テクニカル”は”ベース”があってこそであり、
”ベース”の上に”テクニカル”が乗っかっているという位置づけ。

世の中には”テクニカル”なノウハウは多く出回っているが、
”ベース”がない人が”テクニカル”なものを実行してもうまく行かない。

(”テクニカル”の例)”ジャガリコナンパ”
ジャガリコを手に持ち、「お姉さん、ジャガリコ落としたよ」と後ろから話しかけるという声掛け方法

しっかりとした”ベース”を構築し、様々な”テクニカル”を駆使して
女性と出会って秒速で仲良くなり、そしてセックスしちゃいましょう!



(出会い~序盤)
(1)女性と最短で仲良くなる基本を押さえる
・女性と最短で仲良くなる基本=相手の話題で盛り上がる
(例1)プロフィール系トーク 
相手のプロフィールを中心に話題を展開し、そこから「(どういう男性を求めているんだろう)」と想像する。

(例2)元彼、最近遊んだ男性、合コンに来た男性の話
どんなところが不満だったかをきき、「○○みたいな男性(←自分が当てはまっている条件)がいいんじゃない?」と言う。

(注意)直接的に質問をしない。「好きなタイプは?」と聞いたとしても、返ってくる答えは建前でしかない。

(2)女性に足切りされないために必要なこと
・相手の目を見る
・オーバーなリアクション
・笑顔
・話の盛り上がり中は前のめりで聞く
・相手がすべて話終わったら内容を簡潔にまとめて返してあげる
・自分のことを聞かれたら短く答えてまたすぐに「あなたは?」と、ボールを投げ返す

(3)汎用性の高いトーク実例集
・プロフィール系トーク
・相手の出身地(地元)の有名人
・行ったことある場所(旅行)
・夢、目標、理想(話のトーンを抑え、落ち着いた雰囲気に持って行くときに有効)
・テッパントーク(すべらない話)

⇔汎用性の低いトーク
・音楽(「きかない」って言われたらトーク終了してしまう)
・本(「読まない」って言われたらトーク終了してしまう)
・スポーツ(「しないし見ない」って言われたらトーク終了してしまう)



(中盤)
(4)有効的な自己開示トーク
・初対面の相手は乾いたスポンジである
これから行う全ての言動によってどのような人であるかが判断されるわけだから、
どう振るまえばいいか、どういう人物だと思わせるかをしっかりと意識する。

自分のストロングポイントは何かを分析し、
どういうふうに見せればそう思われるかを考える。

クラトロさんの場合”陽気だけどただのバカじゃない”と思わせるように持って行く。

・スぺ高をゲットするためには自分がスぺ高と釣り合わなくてはならない
スぺ高が隣りに並んで歩きたいと思わせるにはどうしたらいいかを考える。




(終盤)
(5)クロージングとディス/ネグ
・自分の勝ちパターンを確立する
アポの流れをあらかじめ事細かくイメージしてあたふたすることなくイメージ通りに粛々と行う。

・ディス/ネグはかならずフォローとセットで使う
(例)「二の腕ムチムチやなw(ネグ) けどオレは好きやけどね(フォロー)」

慣れないうちは無理して使う必要はない。

・エロい雰囲気に持っていくには”CPS ”
CPSとは金融日記の著者で有名な藤沢数希氏が開発した”恋愛工学”における理論の一つ。
コミットパーソナルスペースの略。
つまり、物理的に距離を縮めること。
(例1)居酒屋では対面よりL字

(例2)対面の席であったとしてもトイレに行き帰ってきたら隣りに座る(”トイレ帰りのCPS”)

(例3)手をつなぐ

(6)アポで主導権を握る
・相手から”金、時間、労力”を奪う
(例1)アポは自分の家の近くまで来させる

(例2)「トイレ行ってくるからビール頼んどいて」などの細かいやつを積み重ねる

・あきらめない
キスこばまれてもあきらめない。
何度もギラつかなければいけない。

・ゴールを決める
その日にセックスまで行くと決めたら最後まで攻める。
決めてないと”迷い”が生じる。
あきらめる場合は次は無いものと思う。

・ダブルバインド
(例)「ホテルか君んちどっちがいい?」

・女は言い訳の生き物
口実(理由)を用意してあげる。
①お願い系
(例)「どーーーーーーしても行きたい!!オレが行きたい!」
②冗談系
(例)「おしっこもれる!おしっこもれる!」



(番外編)
(7)海外ナンパにおける基本
海外の女性は自分の意思がしっかりしている。
日本人の女性は意思が弱い。



(まとめ)
・精神的な強さが大事
クラトロさん自身、昔をおもい起こせば”大事な場面でキョドっていたな”と思うとのこと。
外国人はなんかしらんが堂々としている。
ポジティブ。
甘い言葉とか日本人がこっぱずかしいと思うことを堂々とする。
(例)道端で抱き合って耳元で愛を囁きながらイチャつく
羞恥心を捨てよ。


(質疑応答)
・クラトロステップ披露他

(握手)
・アンケート回収




Ⅲ.感想
昔からクラトロさんのファンだったので、実物に会えて感激だった。
終始楽しく陽気な雰囲気で、話すのが上手だなと思った。
内容は基本的な内容で正直新鮮味はあまりなかったが復習として良かったなと思う。

そしてなによりクラトロさんの生命力が伝わって来て、なんか元気になった。
これからもナンパ活動を続けて行こうと思った。







(おわり)