こんにちは。
えっちゅうたつおです。

オレは今、ナンパ師どうしで、
BUAというチームを結成しております。

チームのメンバーみんなでマッチョになって、
筋肉で女の子をオトすことが目的です。

マッチョが最も真価を発揮するのが海水浴でのナンパ。
現在、絶賛活動中です。

そのBUAのメンバーの一人に、
カズノコさんというナンパ師がおりまして、

8月某日の夜、

海水浴でナンパするための、
ビーチにセッティングする機材を買うため、
彼とともに”激安の殿堂”にやって来ました。


00000激安の殿堂


~~~~~~~~~~~~~



カズノコさん(電話)「お疲れす!もう着いてますか?」

オレ(電話)「もう目の前まで来てます!あと30秒くらいで着きます!」

カズノコさん(電話)「了解です!俺、入り口のとこいますので!」

オレ(電話)「は-い、わかりました!入り口のとこ行きますね^^」



てくてく。


”激安の殿堂”入り口のとこ到着。


えーっと、カズノコさんは、どこだ?





あ。いた。








0000ぎゃくさん





逆3でむっちゃしゃべってるカズノコさんwww




カズノコさん「あ、えっちゅうさん!こっち来てください!きいてくださいよ!この子たち!」

オレ「え、どないしたんですか?w」

カズノコさん「この子たちね!さっきここで声かけたんすよ!そんでめっちゃ俺しゃべってたんすよ!そしたらね!」

オレ「はい」

カズノコさん「この子たち二人とも!韓国人のかたで日本語わからないですってwwwwww」

オレ「・・・」













震撼した。

00000震撼










カズノコ「ごめんね!二人とも!日本語わかんないよね!ありがとう!じゃまたね!」








放流w








カズノコさん「じゃ買い出ししましょうか!えっちゅうさん!」




”激安の殿堂”IN。





オレ「えーっと、ビーチに立てる機材はどこのあたりに置いてるでしょねー。アウトドア用品とか置いてあるあたりやと思うんですよねー」

カズノコさん「ききましょう!」

オレ「そうっすね。店員さんにきいたほうが早いですね^^えーっと、店員さんはどこにいるかなー」














あれ、カズノコさんどこ行った?







カズノコさん「ねえねえ!ちょっと教えて!海水浴で使うさ!テントとか置いてる場所知らない?俺たち海水浴で使う機材を買いに来たんだ!でも場所わからなくってさ!わかるかな!?」




0000ぎゃくさん







逆3で女性のお客さん二人組にガンガンきくカズノコさんwww





おいおい、店内ナンパかよwどんな顔の女の子二人組に声かけてるんだ?






ちらっ。














0000オアシズ















両方ぶっさwwwwww












震撼した。

00000震撼










カズノコさん「どこか分かる?え、あっち?わかった!ありがと!じゃね!」





放流w






カズノコさん「えっちゅうさん!あっちらしいです!」

オレ「www」






てくてく。





無事アウトドア用品コーナーにたどり着く。





カズノコさん「ありましたね!えっちゅうさん!ほかになんか買うものありますかね!俺アレあったらいいなってのがあるんすよ!」

オレ「なんですか?」

カズノコさん「ワインクーラーです!こいうやつっす!

0000000ワインクーラー

ワインクーラーにシャンパンさして!見栄え良くして女の子寄せ付けましょうよ!」


オレ「ええアイディアっすね^^でも、ワインクーラーなんか置いてるかなー」

カズノコさん「きいてきます!」

オレ「え、ちょ、」







スタスタスタ。








カズノコさん「すいません!ワインクーラーってどこ置いてるかわかりませんかね!?」



0000ぎゃくさん






またしても普通のお客さんの女性二人組に商品の置き場をハイテンションできくカズノコさんwwwwww




今度はどんな顔の二人組に声かけしてんるんや?




ちらっ。














00000親子親子












親子じゃね?wwwwww














もう誰でもええんやな、この人はwwwwww
















震撼した。

00000震撼












カズノコさん「そうですか~、ワインクーラーの場所は分からないですか~。わかりました!ありがとうございました!」







放流w








結局ワインクーラーは置いていなく断念。






機材を購入して”激安の殿堂”OUT。





カズノコさん「えっちゅうさん、時間あります?ちょっとだけお茶しませんか?」

オレ「いいっすね!どっか適当に店入りましょう」





てくてく。





居酒屋IN。







店員さん「いらっしゃいませー。何名様ですか?」

オレ「二人です」

店員さん「こちらのお席どうぞー」




テーブル席に案内される。




しかし、オレたちは気づいていた。











0000店内






手前のカウンター席で女の子二人組が食事をしていることを。








当然、







カズノコさん「こんちわ!となり空いてますか?いっしょにいいですか?」


0000ぎゃくさん







カウンター席で食事をしていた女の子二人組:


・高子(名前の由来:伸長が低子より高い)
・低子(名前の由来:伸長が高子より低い)






高子「わたしらすぐ出るけどそれでもいい?」

オレ「いいよ、出る時間なったら先出たらいいよ^^」

低子「30分くらいしたら行くよ」

カズノコさん「大丈夫!」




女の子二人組、時間制限付でオッケーもらう。






カウンター席、女の子たちの隣に着席。















00000横並び











低子「えwそう座るん?www」

カズノコさん「あ、この並びは変か!」

低子「一人こっちきーよw」

オレ「せやなw挟むスタイルやな」








0000横並び











カズノコさん、高子担当。
オレ、低子担当。






会話2-2でセパレート。









ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ。








LINEゲ。












低子と別日にデートの約束をする。











低子「そろそろ行くわ」













放流。









伝票はオレたち持ちwwwおごるのは気持ちがええのwww












カズノコさんと二人になり、




オレ「カズノコさん、そっちどんな感じでした?」

カズノコさん「あ、高子のほうすか?なんかね、めっちゃ男に貢がせてるらしいっす!けどその男にはヤらせてないらしいっすwww」

オレ「どんな話してんすかwww」

カズノコさん「そっちもなんか風俗の話とかしてましたでしょwww聞こえてましたよwww何の話してんすかwww」

オレ「wwwけどアポれそうですよ^^」

カズノコさん「マジっすか!準即いけそうっすか!」

オレ「どうっすかね~^^」











・・・















後日。
















オレ、



低子、




準即。















カズノコさん、



高子、










































既読スルー。





















震撼した。

00000震撼

















(おわり)





読めば震撼!?カズノコさんの震撼ブログはコチラ→「ナンパは論語と算盤」