こんにちは^^
メンヘラナンパ師ユニット「非モテーズ」所属、えっちゅうたつおです^^


あ、もうこの冒頭飽きましたかねw
すいません、なんとしてでも非モテーズを有名にしたいためだけに刷り込み作業をさせていただいておりますw


過去に「胸会(むねかい)」という黒歴史がありますので、
それの二の舞にならないように、しっかりユニット活動のほうもしていきたいと考えております。







さて、先日、某関西の凄腕ナンパ師のかたが開催するオフ会に参加させていただきました。
このおかた、凄腕であることもさることながらブログも大人気で、
ファンのかたがむちゃくちゃ多いんですよね。


そして今回そのファンのかたを招いたオフ会を大阪市内で開催されるということで、
ありがたくもオレも呼んでいただき、参加してきました。






全部で15人くらい集まったんですかね。
中にはわざわざ九州から会いに来られたかたもいらっしゃり、
さまざまお話をさせていただくことができました。


個人的には以前からインターネット上で仲良くさせていただいていたとあるナンパ師のかたに、
はじめて生でお会いできたのが嬉しかったです^^






楽しい宴はあっという間にお時間となり、
お会計をして一同外へ。


よくある次が決まってないときになる、出た店の前で路上で大人数がぐだぐだ立ち話状態。


このまま解散かな。さて、帰るか。と思っていたら、、






某凄腕ナンパ師「はい。じゃーチーム決めまーす。えーっと、オレはコイツとコイツ。あとは、ここで組んで。はい。ここの3人。で、残りは・・」







チーム分けさせられましたw







某凄腕ナンパ師「じゃこのチームで。はいスタート^^」






散っていくメンバー。





・・・





・・・





え。





気づいたらオレとあと2人のメンバーだけが取り残されていた・・・





え。





オレを見つめる2人のメンバー・・・











いやいやいやいやいや。「どーします?リーダー?」みたいな目で見ないでおくれよwww








オレ「(超帰りたいwww)」




しかしなんだこの気まずさはwww




オレ「ど、どうしますかね^^」




いいわけをしますと、開催場所がまったく土地勘がないということ。




オレ「移動しません?U街に^^」





普段やってるホームの街に移動することを速攻提案するオレwwwセコイwww





しかし優しいメンバー2人もたまたま帰る場所がU街のほうが近いということもありオッケーいただく。




で、電車に乗る。



ゴトンゴトン。




U街着。




いつもの場所へw




アウェーと違い、ホームの居心地の良さと言ったらないですなw




終電間際、多くの人が足早に過ぎていく道のど真ん中で、ウロウロと物件を探すオッサン3人www明らかに通行の妨げwww




最初は複数の物件をトリオやらコンビやらで声かけ。




が、




次第に勝手にソロに行き出すオレwww




完全にメンバーを見捨てるオレwwwオレのわがままでU街まで着いてきてくれたのにサイテーwww




いいわけをしますと、オレコンビがクソ苦手なのですw




というかコンビってほんとお互いの息があってないとうまくいかないですよね。会って一回や二回じゃ無理です。




で、2~3人ほどソロで行ってほどなくして、反応とれるコに当たる。




オレ「こんばんは~。世界一かわいいコおると思って声かけました~」

女の子「いや絶対ウソでしょw」

オレ「ほんまほんま^^ 今日は飲み帰り?」

女の子「そうです^^」

オレ「まじか!実はオレもやねん!一緒やね^^」

女の子「あっそうですか^^」

オレ「何?合コン?」

女の子「違います^^」

オレ「え、デート?」

女の子「いや~」

オレ「何人で飲んでたん?」

女の子「2人」

オレ「デートじゃねーかよwww」

女の子「www」

オレ「ちょっと解散するの早くね?」

女の子「そんなことないですwもうすぐ終電なんで」

オレ「え、どこまで帰るん?」

女の子「○○」

オレ「近っ!!」

女の子「www」

オレ「いやいやいや。○○やったらいざとなったらタクシーで帰れるやんwちょっとオレと軽く一軒だけ行こうよ!」

女の子「帰りますw」

オレ「え?何?実家?一人暮らし?」

女の子「一人暮らしです」

オレ「なおさら行けるだろーよwww」

女の子「けど明日仕事で早いんですw」

オレ「何時?」

女の子「7時起きですw」

オレ「行ける行ける!オレ明日休みやし^^」

女の子「いやだから私は仕事www」

オレ「わかった。じゃ○○で飲もう!それやったらいいやろ。最寄りやねんからあとは好きな時間に出て歩いて帰ればいいねんから^^」

女の子「え、ほんまに来るんですか?w」

オレ「行くよ。なんやかんやでオレ最寄り××やから歩いてでも帰れるし^^」

女の子「近っ!!」

オレ「www」





電車に乗る。




ゴトンゴトン。




女の子の最寄り駅、○○着。




オレ「ひさびさに○○来たわ~。ここも結構おいしい店多いよね^^」




適当な居酒屋IN。




カウンター席。




オレ「今日はどんなデートやったの?」

女の子「デートっていうか、友達の紹介で、、」

オレ「出た!友達の紹介!オレずっと疑問やねんけど、みんな言う”友達の紹介”ってなんなん?」

女の子「いや、紹介ですよw」

オレ「ようは友達に周りで売れ残ってる男をあてがってもらうってやつやろ?」

女の子「言い方w」

オレ「どうせカスみたいな男が来て、ぜんぜんおもんなくて帰ってきたんやろw」

女の子「そうwwwなんでわかるん?w」

オレ「いやそらそうよ。楽しかったらあんな時間に解散せんし^^」

女の子「いやでも結構いたよ」

オレ「え、何軒か行ったん?」

女の子「1軒だけ」

オレ「1軒?wwwずっと最初の店に居座ってたん?www」







そんなこんなで相手の男性遍歴やら恋愛観を引き出し、ナンパの正当性を話したり、付き合う前にお互いの相性を確かめた方がいいだの、いわゆるグダ崩しトークを入れていく。






凄腕ナンパ師はこのトークがうまくて、セックスを確定させていく。いわゆる”仕上げる”というやつだ。





しかし、その点ショボ腕のオレは、、








オレ「とりあえず、今日は家泊めてな^^」

女の子「無理」

オレ「始発まででいいから!」

女の子「無理。家散らかってるし、初対面の人を家に上げるとかあり得ない」

オレ「えっ!!じゃオレ路頭に迷うやん!凍え死ぬし!」

女の子「いや家近いやん、タクシーで帰れよwwwてかこの季節に凍えへんわwww」

オレ「・・・」
































負け!!即れませんでした!!








(おわり)
⇒つづき




「負け記事(即れませんでした)」関連記事

11/17(月)地味に完ソロw

9/19(金)あいかわらずクラブが苦手です。ストのほうが楽しいです。

7/26(土)ナンパに夢見すぎなんだよ!!!スゴイ人は愚直に努力を長い間積み重ねてきた人だと思うのよね